HOME»  当院のご紹介

病院紹介

名前の由来

病院名である「クレステッド」の本来の意味は「三日月型の」「王冠」「羽飾り」「兜の前立て」「ニワトリの鶏冠」という意味があります。院長である私、田所 一樹(たどころ かずき)の名を文字って三日月にしたのであります。本来「三日月」は「クレセント」らしいのですが(わたくし、はずかしながら英語が苦手)、・・セントってなんか上品ぽくて私のキャラにあわないのでクレステッドにしました。(この方がかっこいいと思いません?)また、動詞になると「満ちていく」という意味があるらしく、結構いい名前だと思いませんか。(笑)言いにくいかもしれませんけど・・・。
 病院のマークには、「三日月にチンチラ」を使っています。これはネズミじゃなく、あくまでチンチラです。

 

病院概要

病院名クレステッド動物病院
院長田所 一樹
所在地神奈川県厚木市飯山2614-1 森川ビル1F
TEL046-290-1192
診療時間火~土曜日  10:00~12:30 / 17:00~20:00
日・祝日 10:00~12:30
診療動物イヌ・ネコ・ウサギ・ハムスター・フェレット・モルモット・チンチラ・モモンガ・ハリネズミ・プレーリードッグ・シマリス・インコ・ブンチョウ・ニワトリ・猛禽類・ヌマガメ・リクガメ・トカゲ・イグアナ・ヘビ・カエル・イモリ・金魚・熱帯魚・その他ほかの病院で診てもらえない動物
休診日月曜日
診療形態完全予約制です。まずはご予約ください。
駐車場病院前駐車場完備

 

アクセスマップ

小田急線本厚木駅 北口出口より バス:工芸大行き 六堂辻下車 徒歩3分

 

アクセスマップ

 


大きな地図で見る

 

当院の特徴

当院は、アニコム動物健康保険制度対応病院です。
保険証書をお持ちの方は診察・治療・手術・入院費用が50%負担でOK。
保険制度加入ご希望の方は当院にて資料と申請書をお渡ししています。
対象動物は、犬、猫、うさぎ、フェレット・鳥類です。
バナーをクリックするとホームページを表示します

 

アニコム動物健康保険制度

 

ペットホテル

病院に来院される方へのサービスの一環として動物の一時預かりをおこなっています。
事前(最低1週間前)に健康診断が必要となります。当院に通院されている方は健康診断の必要はありません。
ホテルでお預かりする条件としてワクチン接種、ノミの予防は最低限行っておいてください。
小型犬・猫は1日 ¥3,000
中型犬      ¥4,000
大型犬      ¥5,000
ハムスター・鳥(ゲージの大きさにより) ¥1,000から
フェレット・ウサギ ¥3,000から
※表示価格は税込みです。

 

キセノン光治療器

現在、ヒトの整形領域(リウマチ、腰痛、関節痛)などの消炎、鎮痛の治療として注目の「キセノン光治療器」の導入をしました。
 動物の関節痛、椎体の障害による四肢などの麻痺、創傷の治癒促進作用など消炎、鎮痛、治癒力促進などの効果が従来のレーザー療法よりも広範囲で深部にまで効果が届くので非常に使い勝手がよろしくなっています。動物領域での導入はまだ多くの病院で使用されているという訳ではありませんが、難治性の症例では様々な疾患にその効果が期待できると思われます。
 現在、当院では交通事故による断脚により皮膚欠損していた猫の症例では従来の治療法に「キセノン光」の照射をプラスすることにより皮膚再生の促進を見ることができました。
 また、ウサギの歯牙疾患における頬部への照射により、内服薬による鎮痛作用よりも効果が見られ、投薬量の減少または投薬による鎮痛に頼ることなく歯の痛みを調整することができました。
 すべての病気が治るというわけではありませんが、難治性の関節痛や創傷治癒などに試されてはいかがでしょうか。
 ○適応症と思われる疾患  床擦れ、便秘、外耳炎、歯肉炎、口内炎、脊椎損傷、腰部痛、関節炎、ウサギやプレーリードッグの胃腸うっ滞による拒食、腸管ガスの貯留
 犬、猫からウサギ、小鳥、フェレットなど多くの動物種に対応できますし、適応範囲が広いので多くの疾患で汎用しております。

 

D.A.P.リキッド

○大切なペットを入院・ホテルで家庭とは異なる慣れない場所=病院にやむを得ず滞在させなければならないことってありますよね。
○動物に少しでもストレスを感じないよう当院で「D.A.P.リキッド」を使用しています。
○「D.A.P.リキッド」とは、鎮静フェロモンの類縁化合物を芳香剤のように専用拡散器を使用し、入院室内に拡散させることにより精神的に落ち着かせてあげる作用があります。簡単にいうとアロマテラピーのようなものでしょうか。
○ 鎮静フェロモンとは、母犬のおっぱいの周りや、リーダー犬の耳から産生されるフェロモンで精神的に安定させる作用があり、引越しや入院などの環境変化への適応促進や、無駄吠え、不適切な排泄、過剰に舐める、破壊行動などの問題行動を軽減される作用があります。いわゆる「癒し系」のフェロモンで仔犬や子猫はもちろん成熟した動物にも効果があります。
○問題行動で困っている方はお試し下さい。

 

マイクロチップ挿入

犬をはじめとして、家庭で飼育されている動物が万が一逃げてしまったりした場合、多くの動物たちが飼い主との再会が叶うことがないといわれています。それは特徴などが抽象的でいまひとつ決め手にかけているのと、狂犬病予防接種の際、市町村で犬の登録を行なっておりますが、その際に発行される鑑札を首輪や胴輪などに装着しておかなければなりませんが、多くの場合散歩時に紛失してしまったり、引き出しにしまってあるなどの理由で保護された動物の多くは「飼い主不明」動物となってしまい不幸な結果になることが多いようです。
 また、アライグマやカミツキガメなどの特定動物とされる動物の飼育に際してはマイクロチップの装着が特別な場合を除いて義務付けられています。
 厚木市では、日本初のマイクロチップ装着助成金制度がもうけられています。動物種に関わらず¥3,000の補助を受けることができます。
 当院におけるマイクロチップはバイオサーモを導入しています。マイクロチップを挿入することでIDナンバーはもちろん、同時に体温測定も可能となる機種です。
 挿入は、特定の位置に通常より少し太めの注射のような装置を用いて皮下に簡単に挿入することができます。
 犬及び猫では ¥6,300を予定しています。厚木市在住の飼い主の方は助成金¥3,000を引いて¥3,300となります。
 犬・猫以外の動物では動物種、大きさ、難易度などによって料金が変わりますので事前にご確認下さい。
 別途診察料がかかりますのでご了承下さい。
※表示価格は税込みです。